背伸びせず、卑屈にもならず。そんな風に書きたひと思ふをとこありけり。
by maseda1001
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2013年 12月
2011年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
今という一瞬を
at 2017-04-26 00:11
近所の中華屋さんで
at 2017-04-17 21:01
すかしっぺ
at 2017-04-14 23:30
無印
at 2017-02-19 15:21
胸の痛み
at 2017-02-11 11:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

無印

僕は無印良品が好きだ。

どれくらい好きかというと、休日の私服は当然、無印のアウター、無印のトップス、無印のシャツ。仕事のスーツはやむをえず無印ではないものの、ジャケットは無印。年に5日程度、一度も外出しない引きこもりデイを設定していることを考慮すると、365日のうち360日くらいは無印を着ている計算になる。陰でひとから「無印くん」とか、「無印さん」とかあだ名をつけられていても不思議ではないレベル。

無印のなにが僕をひきつけるのか。

一言でいえば、無印の魅力は「シンプル」という言葉に集約されているといえる。無印のシャツやトップスは、余分な装飾はことごとく排除されている。アップリケのついたジャケットは無印ではない。前面に「Hawaii」と描かれたTシャツは無印ではない。何も足さない。それでいて機能性は十分。それが無印。produced by 良品計画。

今日、僕は合コンに行く。何年振りかの合コンだ。合コンの名を借りたマルチの勧誘か、宗教の勧誘という可能性も排除できないが、とりあえず合コンという誘いがあれば彼女いない歴〇年の未婚男性は、のこのこ街まで出ていくのが悲しい性。

無印よ、どうかこの僕を、合コンで、あるいはマルチの勧誘の対応で奮闘する僕を見守っていてくれ。

今日の一曲
フジファブリック / 虹

[PR]
by maseda1001 | 2017-02-19 15:21 | Comments(0)