背伸びせず、卑屈にもならず。そんな風に書きたひと思ふをとこありけり。
by maseda1001
プロフィールを見る
画像一覧

電車のアナウンスについて思うこと

地下鉄に乗っていて最近よく思うんですが、車掌がよくしゃべる。とにかくよくしゃべる。

「次は◎◎駅です」や、「はい、ドア閉まります。ドア閉まっております」とかに始まり、「朝ラッシュ混雑により電車遅れて申し訳ございません」とか謝罪をしたり、ときには「本日もお疲れ様でした」とかねぎらいをかけてくるどこぞの貞淑な奥様かと思うようなアナウンスをする車掌までいる。

いろいろな意見があると思うし、あっていいと思うんですが、僕はこのアナウンスがあまり好きではない。好きではないというか、はっきり言って嫌いだ。聞いていてムカムカしてくる。胸がムカムカして張り裂けそうになる。あまりの胸のムカつきっぷりに、僕の胸がEカップくらいになっても不思議ではないくらい、ムカムカする。

なぜ僕は車掌さんのアナウンスが嫌いなのか。

まず第一に、罪のない人に対する説教がいやだ。それも毎日。「駆け込み乗車は危険ですからおやめください」というアナウンスは、駆け込み乗車をしたその人だけに言えばいいことであって、駆け込み乗車をせずに、ちゃんと整列して電車に乗った残りの大多数の人にまで言う必要があるだろうか。

遠足の前日、小学校の先生が「お菓子は100円までです。これはルールです。みんな守りましょう。正直者がバカを見るなんてことがないように。」と言っていたことを思い出します。駆け込み乗車をした人が遠足に200円分のお菓子を買ってきた子供で、残りの大多数は先生の言いつけを守って100円分しかお菓子を買わなかった子供だ。本当は、みんなもっとお菓子を持ってきたかった。「うまい棒のお好み焼き味とかチーズ味とかラムレーズン味とかもっと色んなバラエティを楽しみたかった!」という欲求を我慢した健気な子供たちが大半だ。しかし、たったひとり先生の言いつけを破る子供がいると、先生は激怒する。みんなに向かって激怒する。「100円分しか持ってきちゃだめだって言ったでしょ!」と激怒する。そして楽しいはずの遠足は、たったひとりのルール違反のせいでお通夜みたいになってしまう。

なぜルールを守っている人に、毎日毎日同じことを繰り返し言うのか。それがいやだ。

ただまあ、今日はルールを守っていても、明日はわが身で、駆け込み乗車をする側になっている可能性もゼロではない。抑止力という意味もあるのでまあこれは仕方ないかなと許容できると思います。

ただ、2つ目に、思うのが、毎日毎日車掌が謝りすぎる。これもいやだ。本当にいや。電車が遅れて申し訳ございませんと謝る車掌さん。本心から申し訳なさそうな迫真の演技力を見せる車掌さんもいれば、わりと感情のこもっていない車掌さんもいたりして。でも、なぜ車掌さんが謝らなければならないんだろう。

電車が数分遅れたところで、都心の地下鉄だったら、次の電車はまた数分内に来る。それなのに、今乗っている電車が遅れたから謝るというのはどうだろう。1時間に1本しかない電車が20分、30分遅れてきたら、ムッとなって、なんで遅れたか理由を知りたくもなるかもしれない。でも、都会の地下鉄で、特定の列車が一本遅れたからといって、次の電車はすぐ来る。電車が遅れることで謝る必要があるのだろうか。

そもそも、電車が遅れた理由を聞いていると、「お客様同士のトラブル」とか「ラッシュ時の混雑のため」とか、それって鉄道会社に過失はないんじゃないか、と思うものがある。電車内で痴漢がいて、そいつをしょっぴくために対応していて電車が遅れたのであれば、遅れた原因は、痴漢であって鉄道会社ではない。それなのに謝罪するのは鉄道会社。鉄道会社は、いつから右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出しなさい的なマゾヒスティックな集団になったんだろう。

あと、かなりの頻度でほぼ毎日「電車遅れて申し訳ございません」って聞くと思うのが、「謝らなくていいから改善してほしい」。毎日毎日同じことで同じミスをしている部下や後輩が、謝罪だけは一人前にして、翌日もミスをしていたらどう思うだろう。少なくとも僕はそんな部下や後輩は相手にしたくないと思う。謝って二度と同じミスをしないのがベストで、謝らないけど二度と同じミスをしない、がベター。謝って、同じミスを繰り返す、はワース。謝らなくて同じミスを繰り返すはワースト。

となれば毎日毎日列車の遅延で謝るだけよりは、謝らなくていいから列車遅延がなくなる努力をしてほしい。


とまあ鉄道会社の外部から好き勝手書きました。鉄道会社のやっているいろんな改善の努力とかを棚にあげて自分の個人的な偏見にみちた意見を書きました。なので、上記の文章は公平でないし、客観性もありませんし、僕のストレス発散の一環です。なので、この文章を読んで不快に思う方がいたら、許してほしいと思っています。電車内で本を読むのに集中しかかっているときに、「空調はXXXXとなっております」と言われたときのムカつきを思い出して、そのムカつきだけで書きました。今乗っている車内の空調を聞いて得をするひとがいるのだろうか、空調の設定を聞いたところで車掌さんに「もうちょっと空調弱めにして!」とか言えるわけでもないのに。言ったら言いっぱなしかよ。アフリカで飢餓に苦しんでいる人たちに向かって、食糧事情の状況を説明するだけして肝心の食糧支援はないみたいな状況でしょうか。(このたとえはあっていますか?)


鉄道会社と僕にとってお互い不幸なのは、僕が口を糊するために、毎日少なくとも2回は電車に乗らなければならないことだ。

お互いに声を聞きたくない、顔を見たくない、と思っている2人がいれば、その2人はもうお互い会わないのが、お互いの心の平安を保つために有効だ。だとすれば、僕も電車に乗らなければいい。それはもう誰しもがわかる自明の理。毎日がエブリデイ的な自明の理です。

しかし、僕は電車に乗らなければ会社に行けない。会社に行けないと、お給料がもらえない。お給料がもらえないとごはんを食べることができず死んでしまう。これもまた自明の理。

「電車に乗らなければいい」という行動指針と、「電車に乗らなければならない」という行動指針が矛盾を生み、その狭間で僕は今日もミスチルがイノセントワールドを歌うみたいにして苦しんでいる。
[PR]
by maseda1001 | 2014-09-20 01:38 | Comments(0)